【イラスト加工:仕上げ】クリスタのオートアクション制作

【仕上げ加工】クリスタ用のオートアクション制作


【仕上げ加工】クリスタ用のオートアクション制作

2021年2月イラストは「バディミッションBOND」のチェズレイ。

今回このイラストのためにCLIP STUDIO PAINTの
色々な仕上げ用の加工を作ったのでそれをオートアクションにまとめてみました。

作業工程をオートアクションにすれば、
ボタンひとつで仕上げ加工を実行してくれます。

※使用オートアクションはCLIP STUDIO PAINT PRO専用です。



加工前の絵


CLIPSTUDIOPAINT加工前の絵

▲加工前の絵がコチラです。

今回は、絵の全体に仕上げ加工をかけるのではなく、
背景なしのキャラだけの絵(背景透過絵)に使用しました。

クリスタ仕上げ加工のオートアクションを使用


色々な加工をクリスタで作っていると楽しくなり
「これ、使わんやろ」みたいなオートアクションも作れました。

このページではお気に入りの
仕上げ加工オートアクションを掲載します。


クリスタで加工
◆クラシックリッチ加工
黒を強調する加工はクラシックな雰囲気に。

クリスタのオートアクションで加工
◆グラマラスリッチ加工
クラシックリッチ加工よりも、
すこしグロー感をだし華やかにしました。

CLIPSTUDIOPAINT-仕上げ加工をする
◆リッチパルファン加工
かなり明るめに色を軽くします。

今回、作成したオートアクション達は
そのまま使用すると華美になる可能性が高いので

不透明度を変更して
加工前の絵に重ねて使うことを想定
」しています。

※掲載しているのは、
オートアクション後、そのままの状態です。

イラスト加工
◆アーラジャンヌ加工(描画色変更あり)

今回、イチオシのアーラジャンヌ加工です。
(描画色変更あり)と書いていますが、

指定した色で全体を塗りつぶして加工するので
選択中の色がどうしても変更してしまいます。

素敵な色との出会いがあったら、
カラーパレットに色を保存してから
このオートアクションをお使いください。

オートアクションで加工
◆ネージュジャンヌ加工(描画色変更あり)
アーラジャンヌ加工よりも明るい印象になるジャンヌ系です。

気楽に「ジャンヌ系」などの謎ワードを言っていますが、
「加工方法が似ている」ものを同じワードに入れています。

イラスト加工ビンテージ
◆ビンテージロッソ加工(描画色変更あり)

「こういうのあるよね!」って言うのを
クリスタ内で表現出来ないか試行錯誤して作ってみました。

ササッと描いたラフを
クリスタ内の加工で格好良くしてくれたらいいですよね。

イラストのグロー効果
◆ビンテージグロー加工(描画色変更あり)

ビンテージ系でグロー効果をつけました。
メリハリが効いてコクがまろやかです。(?)

よく使うイラスト加工のオートアクション


よく使われるスタンダードな
イラスト加工のオートアクションも作成してみました。

CLIPSTUDIOPAINT色収差オートアクション

色ズレ色収差加工(描画色変更あり)



情報量を増やす王様加工の「色収差」です。

自分で色を動かせるようにしているので、
オートアクションを実行したままでは色収差になりません。

クリスタの色収差加工使用方法

(任意方向に移動)と書かれたレイヤーを動かして使用します。

画像は、青いレイヤーを右に動かし
緑のレイヤーを左に動かしてみました。

左右だけでなく斜めや上方向でもOKです。
色々、遊んでみると楽しいです。

CLIPSTUDIOPAINTなじませオーバーレイ加工

なじませオーバーレイ加工(描画色変更あり)


全体を一色で塗りつぶしてオーバーレイにして
不透明度をさげると、絵全体がなじみます。

よく使うのでオートアクションに入れました。

背景を白くする加工
◆白フワバック加工

キャラのバックが白くフワッとします。

背景があると出来ないので、
キャラなどの背景が透明のレイヤーに使います。

Twitter用のヘッダーイラスト

色を変えたり、レイヤーの種類を変えても遊べます。

上のTwitter用のヘッダーイラストは
「白フワバック」の透明色の保護をしてから
黒く塗りつぶして影みたいに使用してみました。

イラストの最終加工


バディミッションBONDチェズレイのイラスト

最終加工はこのようになりました。
クリスタ仕上げ加工レイヤー

お気に入りの「アーラジャンヌ加工」を74%にして
加工前の絵にクリッピングします。

「白フワバック加工」を覆い焼き(発光)レイヤーにして
不透明度を26%にして出来上がりです!

オートアクションの入手方法



※使用オートアクションはCLIP STUDIO PAINT PRO専用なので
クリスタを入手する必要があります。(無料で体験できる期間あり)

CLIPSTUDIOPAINT-A2 仕上げ加工オートアクション

この「A2 仕上げ加工オートアクション」は
BOOTH▲にて販売中です。

私が絵に使用しているブラシやオートアクションは、
すべて入手することができます。

使用クリスタブラシまとめ


CLIPSTUDIOPAINTカスタム設定ブラシ001画像
CLIPSTUDIOPAINTカスタム設定ブラシ002画像
C1 カスタム設定ブラシ
『C1 なじませ』
▲ほぼ すべてのブラシの相方として使用。

『C1 ザックリ消し』
『C1 ハッキリ消し』
『C1 柔らか消し』
▲消しゴム

『C1 投塗り』
▲ベース塗りに使用

『C1 投選択』
▲特定の部位を変更するときに使用

『C1 柔らか ザラ』
『C1 柔らか』
▲全体を大きく塗るときに使用

《ver.002 追加クリスタブラシ》
『C1- エリンギぺん』
▲洋服を描くときに使用

CLIPSTUDIOPAINT髪の毛ブラシセット001画像
CLIPSTUDIOPAIN髪の毛ブラシセット002画像
CLIPSTUDIOPAINT髪の毛ブラシセット003画像
N1 髪の毛筆セット

《ver.003 追加クリスタブラシ》
『N1-12 筆髪』
『N1-14 筆ほそふわ』
▲髪の毛に使用

CLIPSTUDIOPAINTカラパセット002画像
N4 カラパセット

『N4-2 カラパ 赤』
『N4-3 カラパ 黄』
『N4-4 カラパ 翠』
▲目やツヤのメイクに使用

CLIPSTUDIOPAINT効果ブラシセット001画像
CLIPSTUDIOPAINT効果ブラシセット002画像
N5 効果ブラシセット

《ver.002 追加クリスタブラシ》
『N5-11 しぶき』
『N5-12 ちらし』
『N5-13 ちり』
『N5-14 くうき』
▲背景の効果に使用

CLIPSTUDIOPAINT霞(かすみ)ブラシセット002画像
N6 霞(かすみ)ブラシセット

『N6-1 霞影』
『N6-2 霞轍』
▲肌を描くときに使用

『N6-3 霞糸』
▲まつげ眉毛に使用

クリスタのオートアクションセット画像004
A1 クリスタのオートアクションセット
▶全体的に使用

CLIPSTUDIOPAINT「仕上げ加工」オートアクションセット001画像
A2 「仕上げ加工」オートアクションセット
『アーラジャンヌ加工(描画色変更あり)』
『白フワバック』

【無料ギフト】クリスタブラシ&色収差とグロー効果のオートアクションセット プレゼントver001
【無料ギフト】クリスタブラシ&色収差とグロー効果のオートアクションセット プレゼントver001-2
無料配布中!
グリラメブラシ&色収差とグロー効果

『グリラメブラシN03』
▲メイクに使用

pixivのBOOTHにて購入可能

関連記事