【簡単】クリスタのブラシの作り方とツールアイコンの設定方法 (ラメの描き方&グリッターブラシ配布中!)

【簡単】クリスタのブラシの作り方とツールアイコンの設定方法


【簡単】クリスタのブラシの作り方とツールアイコンの設定方法

今回はこのような「グリッターラメブラシ」を
手作りしてみたいと思います!

使用ペイントソフトは
CLIP STUDIO PAINT PROです!

もちろん、このクリスタの「グリラメブラシN」は
このブログ限定で配布もします!(◍´∀`◍)




ラメの描き方


ラメの描き方は簡単です。

ラメの描き方

新規レイヤーを「覆い焼き(発光)」などに設定して
ペンの色を明度の高いものにして……(白色や肌色など)

ちょんちょんちょんちょんちょんちょん!!です!!

この「ちょんちょんを毎回しなくてもいいように
もっと、繊細なラメになるように
グリッターなラメブラシをクリスタで制作していきます。

画像をクリスタのブラシ素材に適した設定にする



では、先程の「ちょんちょん」を
画像素材にしていきましょう!

順番にしていけば、とっても簡単ですよ!

※「ちょんちょんレイヤー」を制作する必要はありません。
「ちょんちょん=ブラシの画像素材」です。

自作素材を使ったブラシを作る工程は同じなので
流れをみてみてください。

自作素材を使ったブラシを作る工程

※「ちょんちょん」は「通常レイヤー」にしました。

ちょんちょんレイヤーを「右クリック」して
「レイヤーの変換」を選びます。

グレーのレイヤーにします。

①グレーのレイヤーにします。
合成手法は「通常」でOKです。

画像をクリスタのブラシ素材に適した設定にする

グレーのレイヤーに変換すると、
肌色で描いていたちょんちょんが……

画像をクリスタのブラシ素材に適した設定にする

グレーのちょんちょんになります!

画像をクリスタのブラシ素材に適した設定にする

②次は、「編集」タブの
「輝度を透明度に変換」を選択
します。

クリスタで素材の登録方法


クリスタで「輝度を透明度に変換」を選択

(①「グレー」にして②「輝度を透明度に変換」した)
「ちょんちょん」レイヤーを選択した状態で、

③「編集」タブの「素材登録」を選び
「画像」を選択します。

「編集」タブの「素材登録」を選び「画像」を選択します。

④素材名をつけます。
今回は「グリラメブラシN」にしました。

⑤「ブラシ先端形状として使用」の
四角にチェックを入れます。


⑥保存先フォルダを選んで保存します。
(私は、「自作ブラシ素材」というフォルダを作って入れています。)

登録した素材をブラシに設定する


登録した素材をブラシに設定する
⑦元となるブラシを複製します。

今回の「グリラメブラシN」は
「エアブラシ」にしてみました。

使用感と近しい感じのブラシにしておく
あとからの微調整が楽になります。

ブラシに名前をつけます。

⑧ブラシに名前をつけます。
素材とブラシは同じような名前にすると分かりやすいですよ。

ツールプロパティの右下の「スパナマーク」を選択

⑨ツールプロパティの右下の
「スパナマーク」を選択
してください。

先程登録した画像素材を読み込み

この画面で先程登録した画像素材を読み込みます。

⑩「ブラシ先端」を選び「素材」にして
斜め右下の「紙マーク」を選択
します。

「登録した画像素材」の名前を検索して探します。

⑪「登録した画像素材」の名前を検索して探します。

⑫「登録した画像素材を選択」して「OK」を押します。

使用してブラシの設定を微調整する


使用してブラシの設定を微調整する

実際に使ってみるとこんな感じになりました。
私が思っているよりも、「薄いな」という感じです。

「肌の質感」や「クッキーの表面」の描写にも使えそうなブラシ

濃い背景に白色で塗ってみました。
「肌の質感」や「クッキーの表面」の描写にも使えそうなブラシになりました。

しかし、目的の「グリッター感のラメブラシ」ではないので
ブラシの画像素材をまた作ってみることにします。

「グリッター感のラメブラシ作成

ラメは「ちょんちょん」するだけなので
簡単にブラシ素材が出来ました!

今回は、「濃いちょんちょん」を
意識して描いてみました。

グリラメブラシN02

先程と同じ過程を繰り返して
名前付けまで来ました。

「グリラメブラシN」と同じ素材の名前では
分かりにくいので「グリラメブラシN02」にして登録です。

「グリラメブラシN」を複製

今回は「エアブラシ」ではなく、
「グリラメブラシN」を複製して作ります。

グリラメブラシN03

もうちょっと濃い感じの
「グリラメブラシN03」も作りました。

「アンチエイリアス」を一番左の丸に設定すると
いい感じにラメラメに光ります。

クリスタのグリッターなラメブラシ

出来上がりはこんな感じです。
3つのグリッターなラメブラシが完成しました!

濃赤の通常レイヤーに「覆い焼き(発光)レイヤー」で
「グリラメブラシN」シリーズを使ってみました。

自作ブラシにツールアイコン画像を設定する方法


自作ブラシにツールアイコン画像を設定する

せっかく、オリジナルの自作ブラシを作ったのですから
自分だけのアイコンにしてみたくありませんか?

自分だけのアイコンにしたい場合
アイコンを用意しておく必要があります。

私は、ツールアイコン用のクリスタファイルを作って
すぐに作れるようにしています。

ツールアイコン用のクリスタファイル

私の場合、軽い方がいいのでシンプルで小さめの画像です。
大きさは「100px✕100px」で作っています。
保存するときは、背景を透過するようにPNGで保存します。

ブラシにオリジナル画像設定するには……

ブラシにオリジナル画像設定する

ツールアイコンを変更したいブラシを
「右クリック」して「サブツールの設定」を選択
します。

「ユーザー設定」を選択する

「ユーザー設定」を選択すると、
あなたのファイル選択画面が開くので
「用意したツールアイコン画像」を選択するだけです!

簡単に設定できるので、
是非やってみてくださいね。

今回の自作ブラシの配布「グリラメブラシN」シリーズ


自作ブラシの配布「グリラメブラシN」シリーズ

「グリラメブラシN」シリーズ
▲BOOTHで無料で配布中です!

クリスタ-グリッターブラシ配布

色々、数値をいじって遊んでみてくださいね(◍´∀`◍)

※ダウンロードしたブラシはクリスタのブラシのところに
ポイッと投げ込んでください。
(ドラッグアンドドロップ)

自作ブラシの制作まとめ


作り方を忘れてしまったときのために、
また、あなたが全ての文章を読まなくていいように、まとめておきますね。

①ブラシにしたい素材のレイヤーを
「右クリック」して「レイヤーの変換」で「グレーのレイヤー」にします。

②「輝度を透明度に変換」を選択します。(「編集」タブ)

③「素材登録」を選び「画像」を選択します。(「編集」タブ)

④探しやすい「素材名」をつけます。

⑤「ブラシ先端形状として使用」の四角にチェックを入れます。

⑥素材保存先のフォルダを選んで保存します。

⑦元となるブラシを複製します。

⑧ブラシに名前をつけます。

⑨ツールプロパティの右下の「スパナマーク」を選択します。

⑩「ブラシ先端」を選び「素材」にして斜め右下の「紙マーク」を選択します。

⑪「登録した画像素材」の名前を検索して探します。

⑫「登録した画像素材を選択」して「OK」を押します。

これで、あなたの自作ブラシの完成です!

自作ブラシのツールアイコン画像設定まとめ


①アイコンを用意しておきます。
任意:大きさは「100px✕100px」
任意:PNGで保存

②変更したいブラシを「右クリック」して「サブツールの設定」を選択します。

③「ユーザー設定」を選択し「用意したツールアイコン画像」を選択して完成です!




最後まで読んでいただいてありがとうございます!
クリスタのみのメイキング
ブラシやオートアクションの配布などもしています。

「グリラメブラシN」シリーズ
▲BOOTHで無料で配布中です!
関連記事