かっこいい厚塗りイラストを目指すメイキング!音速のソニック編

かっこいい厚塗りイラストを目指すメイキング!


かっこいい厚塗りイラストを目指すメイキング!音速のソニック編

目次

● 1時間目
● どんな絵にするか?
● コンセプトをもとに下書きを描き始める
● 手を描いているとタイムアップ!

● 2時間目
● ソニックの身体の詳細を決める

● 大きすぎる肩幅を修正
● どんな効果にしようかな?

● 3時間目
素体を描いて確認する


● 4時間目
下書きが完成し線画を描き始める


● 5時間目
体の線画を描き終わり髪の線画に取りかかる


● 6時間目
● クナイを持っている手の線画の位置を変更

● イラストの出来上がりのキャンバスサイズを考える
● イラストの色別にベースを分けておく

● 7時間目
● 各パーツの色ベースを塗り終わる

● 口を塗っていく

● 8時間目
● 目をエアブラシで塗る


● 9時間目
● 髪の影を簡単につける


● 10時間目
● ワンパンマンのアニメに救われる


● 11時間目
● 音速のソニックの黒いタイツを塗る


● 12時間目
● 金属を塗る


● 次回予告!



1時間目【ワンパンマンの音速のソニック】イラストメイキング


「1時間」タイマーをかけてイラストを描く企画の「第1弾」です。
毎回、1時間ごとに絵が進んでいきます。

今回は「かっこいい厚塗りイラスト」を目指します!

1時間目【ワンパンマンの音速のソニック】イラストメイキング-下書き

こんな風に意味の分からない絵が……

かっこいい厚塗りイラストを目指すメイキング!音速のソニック編

いつしか、このように完成していく
新企画の「イラストメイキング」コーナーです。

使用ペイントソフトはCLIP STUDIO PAINT PROです。

「クリスタのみ」を使用し、
絵の仕上げまで行います。


どんな「かっこいい厚塗り」絵にするか?


1時間目【ワンパンマンの音速のソニック】イラストメイキング-下書き1

この「意味の分からない絵」は
「どんな絵にするか?」を決めています。

「クナイを持っている感じ」
「膝を立てている感じ」にすることにしました!

きっと、かっこいい・・・!(はず)

コンセプトをもとに下書きを描き始める


1時間目【ワンパンマンの音速のソニック】イラストメイキング-下書き2

「下書き」を描いていきます。
「どんな絵か」を「具体的に」していきます。

顔はまだ、音速のソニックにする必要がないので
描きやすい顔で描きました。

※音速のソニックはワンパンマンのキャラです。

手を描いているとタイムアップ!


1時間目【ワンパンマンの音速のソニック】イラストメイキング-下書き3

手を描いていると、ここで1時間終了のアラームがなりました!
1時間ってあっという間です!

2時間目 ソニックの身体の詳細を決める


【ワンパンマンの音速のソニック】イラストメイキング

音速のソニックの身体の詳細を決めています。

私は、「顔を描くのが大好き」なんですが
服を着た身体は描きなれていません(笑)

大きすぎる肩幅を修正


2019haru-One-PunchMan-Sonic02-02.jpg

音速のソニックにしては、
身体が大きいかな??と思ったので
肩幅を縮めました。

ムキムキマッチョが大好きなので
自然と身体を大きく描いてしまいます。

音速のソニックは、
細身で筋肉があるキャラなので修正しました。

どんな効果にしようかな?


絵の効果を考える

どんな「効果」にしようか考えていると
アラームが鳴りました!

私の言う「効果」というのは、「エフェクト」のことで、
「雪が降っている」「桜が舞っている」感じなどです。

この時は、「葉っぱを撒き散らそうか」と考えていました。

3時間目 素体を描いて確認する


イラストメイキング素体を描いて確認する

適当に描いた体が「そのままでいいか?」
素体(裸の人間)を描いて確認してみました。

はじめに素体から描くほうが断然いいですが、
描ける素体の形だけになる可能性」があると考えて
「描きたい感じ」(今回なら かっこいい感じ)を優先しました。

「描けない素体の角度」があった場合
その部位の筋肉を調べたりして
挑戦することができます。

素体を描いたイラストレイヤーの色を水色にする

素体を描いたレイヤーの色を水色にして
不透明度を下げました。

「腕が太く」「肩が大きい」ようです。

素体の大きさに合わせて、下書きを描き直す

素体の大きさに合わせて、
下書きを描き直します。

下書きを描き直す

下書きを描き直していると、
ここで、3時間目のアラームが鳴りました!

4時間目 下書きが完成し線画を描き始める


ワンパンマン 音速のソニックのイラストの下書きが完成

「下書き」をこれぐらい描き込んでおくと
「線画」が描けそうです。

「下書き」を描き込んでおくと「線画」が描ける

ソニックの手やクナイ、顔の線画を描いていると、
4時間目のアラームが鳴りました。

5時間目 体の線画を描き終わり髪の線画に取りかかる


体の線画を描き終わり髪の線画に取りかかる

体の線画を描き終わり髪の線画を描いていると
5時間目のアラームが鳴りました!

6時間目 クナイを持っている手の線画の位置を変更


クナイを持っている手の線画の位置を変更
クナイとクナイを持っている手の線画のフォルダーを
「拡大・収縮・回転」ツールで……

クリスタ-ワンパンマン-音速のソニックメイキングイラスト

「顔に近づける」ことにしました。

イラストの出来上がりのキャンバスサイズを考える


イラストの出来上がりのキャンバスサイズを考える

ムダなスペースがあるので、
「出来上がりのキャンバスサイズ」を考えることにしました。

「出来上がりのキャンバスサイズ」を考える

「これぐらいにしようかな??」と思い、
キャンバスサイズを変更しました。

新しいレイヤーを作り「分かりやすい色」で塗りつぶし

キャンバスサイズを変更したら、
新しいレイヤーを作り「分かりやすい色」で塗りつぶします。

そのレイヤーをコピーします。

「分かりやすい色」のレイヤーを貼り付け

コピーしたら、「一つ戻る」を繰り返し
キャンバスサイズを変える前に戻し、
「分かりやすい色」のレイヤーを貼り付け不透明度を下げます。

「分かりやすい色」のレイヤーを
先程の「これぐらいにしようかな??」のところに
レイヤーを移動しておきます。

「キャンバスサイズを選択範囲に合わせる」

これで、クリスタの機能の
「キャンバスサイズを選択範囲に合わせる」ですぐに
仕上がりのサイズにすることが出来ます。

もちろん、選択範囲を作れればなんでもいいので

クリスタの「選択範囲」タブの「選択範囲をストック」する

「選択範囲」タブの「選択範囲をストック」するでもいいですし、
「色のベタ塗り」を「拡大・収縮・回転」ツールで
好きな大きさにしてもいいです。

ワンパンマン-音速のソニックのイラスト

少し 「分かりやすい色」のレイヤーを移動させました。
「クナイの先がちょうど入る」ぐらいにしました。

イラストの色別にベースを分けておく


イラストの色別にベースを分けておく

色別のベースを作っていたら、
6時間目のアラームが鳴りました!

私はアイテム別のフォルダ(クナイetc.)を作り
線画もアイテム別のフォルダの中に入れます。

線画の下に色のベースを作ります。

7時間目 各パーツの色ベースを塗り終わる


各パーツの色ベースを塗り終わる

各パーツの色ベースを塗り終わりました。

ワンパンマン-音速のソニックのイラスト-ベース完了

重なっている線画を消しました。
(手やクナイや肩や髪)

顔を塗っていく

次は髪の毛のフォルダを非表示にして
顔を塗っていきます。

絵を描いていて一番好きな工程です。

クリスタで口を塗っていく


クリスタで口を塗っていく

口唇を塗りました。
今回は、真ん中に線が入っているタイプの口唇にしてみました。

クリスタ-口の描き方

クリスタの機能で色相と彩度を変更して、
口の色を明るめの色に変えました。

ちょうど口唇の色を変更したところで
7時間目のアラームが鳴りました!

8時間目 目をエアブラシで塗る


クリスタ 目イキング

肌を塗り、目を塗っていると
あっという間に8時間目のアラームが鳴りました!

今回の目は、特に線画を気にせずに(消して)塗り、
音速のソニックを意識してツリ目にしました。

エアブラシで塗り
まつげなどをGペンで描き込みました。

9時間目 クリスタで髪の影を簡単につける


クリスタで髪の影を簡単につける

「前髪」のベース色のレイヤーを選択します。
クリスタで簡単に選択Ctrlを押しながらそのレイヤーの小さな画像(ココの所)を選択
※クリスタは簡単に選択出来ます。
(Ctrlを押しながらそのレイヤーの小さな画像(ココの所)を選択)

肌色で塗りつぶして「拡大・収縮・回転」ツールで位置をずらす

新しいレイヤーを作り、肌色で塗りつぶして
「拡大・収縮・回転」ツールで位置をずらします。

髪の影レイヤーの不透明度を調整

髪の影レイヤーの不透明度も調整します。

髪の影レイヤーを乗算レイヤーにして髪の影の出来上がり

髪の影レイヤーを乗算レイヤーにして、
要らない部分をエアブラシなどで消して、
髪の影の出来上がりです。

10時間目 ワンパンマンのアニメに救われる


音速のソニックの「手」を塗り始めました。

音速のソニックの「手」を塗り始めました。

私は、エアブラシで陰影を描いてから
エアブラシや水彩系、G顔をペンのような
くっきりしたペンで塗り進めます。

ワンパンマンのアニメを流しながら

ワンパンマンのアニメを流しながら塗っていたのですが
ちょうど、音速のソニックが出てきて
音速のソニックの手元」を見て見ると……

手も黒タイツに覆われてるーーー!!(笑)

肌色を「色彩 彩度 明度」で黒に変更

早速、肌色を「色彩 彩度 明度」で黒に変更しました。
よ、良かったー!

11時間目 音速のソニックの黒いタイツを塗る


2019haru-One-PunchMan-Sonic11-01.jpg
黒い全身タイツを塗り進めていきます。

全身タイツの光を塗る
光を塗りました。

音速のソニックのクナイを塗る
クナイを塗っているところで
11時間目終了のアラームが!

クナイはもともと、「投げる武器」というより、
「土をほったり」「壁に穴をあけたり」するなどの
便利道具だったみたいです。

忍者がクナイを投げるときは、
かなりピンチのときだったようです。

12時間目 クリスタで金属を塗る


クリスタで金属を塗る

音速のソニックの全身タイツの金属を塗り始めました。

塗り方としては、水彩系のツール(色の重なりがあるタイプ)で
シャシャシャ!!です。
※ランダムなボーダーを引くように

灰色で始めて、黒でシャッシャッして
白で光を塗ります。

2019haru-One-PunchMan-Sonic12-02.jpg

そうして、白でフチにラインを入れたり
影になるところは黒くしたり
鏡のように近くの色を入れたりするとリアルになります。

私はアニメしか見ないので、
先程の手の黒タイツのところで不安になって
「音速のソニックを画像検索」したら、
肩のところの金属にもツブツブがありました!

2019haru-One-PunchMan-Sonic12-03.jpg

ツブツブはエアブラシで黒で塗ってから
灰色で艶を描いていきました。

コツとしては、ちょんちょんと優しくです。

クリスタでの金属の塗り方

12時間目終了です!!

あとは、髪を塗って音速のソニックの塗り過程は終了です!!

次回は、クリスタのみで最後の仕上げの加工をしていきます。

長いメイキングでしたが
お付き合いいただいてありがとうございます!

次回は、自作の仕上げ用の
「オートアクション」などの配布も予定しています!

使用ペイントソフト:CLIP STUDIO PAINT PRO

次回予告!



次回は13時間目
音速のソニック 最終仕上げ加工編!(完)です!(◍´∀`◍)

関連記事