GAOMON ③ 液晶ペンタブ PD1560 購入レビュー!もろもろの設定と描いてみた編

GAOMON 液晶ペンタブ PD1560の設定と描いてみた 線画編



購入レビュー!
GAOMON液晶ペンタブPD1560
▶▶▶【15.6インチ液晶ペンタブPD1560】◀◀◀


目次

小さな板タブから15.6インチの液タブのへの移行の使用感!
自作ゲームの立ち絵を描くことに
使用描画ソフトはCLIP STUDIO PAINT PRO (クリスタ)
PD1560のペンの充電時間と使用可能時間は?
ペンの筆圧調整
PD1560の描き味と画質と保護フィルムの経過
付属のペンが痛い!
描画範囲がデカイのは描きやすい!
PD1560の10個のショートカットキーに何を入れるか?
最大のストレス!キーボードが使えないッ!!
クリスタの「クイックアクセス設定」機能が すんごい便利!
PD1560のショートカットキーでコントロール(Ctrl)だけの登録
PD1560のペンは効くけどショートカットキーが認識せず反応しない
PD1560のペンが反応しない(筆圧が反応しない)
液タブを使うことによっての絵の実力の変化
PCで全体を映し液タブで細部を描ける!2画面あることの実用性に感動
ペンが痛い!救世主「リング型指サック 指先美人S/M」



小さな板タブから15.6インチの液タブのへの移行の使用感!



▶前々回① GAOMON 液晶ペンタブ PD1560 購入レビュー!開封組み立て設置編
▶前回② GAOMON 液晶ペンタブ PD1560 購入レビュー!初期設定と接続編


前回、前々回と、買った液タブのレビューをしてきました!
今回はついに「描いてみた 線画編」です!
CLIP STUDIO PAINTやショートカットキーなどの設定も行ないます。

私は長らく、小さな板タブ オンリーだったので
PD1560液タブに変えてみての戸惑いや、違い、
使用感などを率直に書いていこうと思います!

自作ゲームの立ち絵を描くことに


j167.jpg

前回、チャッと目を描いただけでちゃんと触れてなかったので
ガチの絵を描いていきたいと思います!

ガチの絵なら 今、自分が作っているゲームの絵がいいと思い
キャラの立ち絵を描くことにしました。

一ヶ月位絵を描いてないので、ちゃんと描けるかな ドキドキ。

使用描画ソフトはCLIP STUDIO PAINT PRO (クリスタ)


オペレーティングシステムはWindows 10。
使用描画ソフトは
CLIP STUDIO PAINT PROです。

PD1560のペンの充電時間と使用可能時間は?


充電3時間ごとに300時間連続で使用できるようです。

8192レベルの筆圧
重量:16g
充電中は、白い色LEDランプが点灯し、
満充電になった時はランプの明るさは暗くなります。
赤いLEDランプが表示されている時は、充電が必要です。
8〜15分ぐらいの間に使用しないと、オートスリープモードなります。

買うこともできるようです。

ペンの筆圧調整


まず、CLIP STUDIO PAINT側で
ペンの筆圧調整をしました。

j211.jpg

「ファイル」タブの、
「筆圧探知レベルの調節」です。

j210.jpg

結果はこんな感じに。


これは、ころころ変えるかもしれません。

PD1560の描き味と画質と保護フィルムの経過



いよいよ顔の下書きを描いてみることに。

j212.jpg

わりと、すんなり描けました。

描き味は板タブと「たいして変わらない」です。

PD1560の画質は、FullHD (1920×1080)ですが、
HD (1366×768)と「べつに変わらない」感じです。

15インチぐらいなら画質的にべつにフルHDの必要はないのかもしれません。

これから、色塗りに入るにあたり、
この意見は変わるかもしれませんし、
大きなサイズの絵を描くとまた意見が変わるかもしれません。

フルHDになったことで、
CLIP STUDIO PAINTのペンとかの情報が小さいので人によっては見にくいかも。
逆にいえば、描くスペースがデカイのでのびのび描けます。

付属ギフトの保護フィルムを貼っているので、
白んで見える感は多少あります。

そして、このフィルムの特徴である「気泡」は
電源をつけるとあんまり気になりません。

しかも、
時と共に「気泡が消えて」きています。

前に使っていた板タブに何も貼っていなかったので、
私には、描きやすい材質です。

付属のペンが痛い!



j213.jpg

髪の毛の下書き。


PD1560のペン、私には痛いです。

いままで「ペンだこ」なんて、
出来たこともありませんでしたが、
ちょっと薬指が ぷくっ となってました。
これは対策が必要です。

※薬指にペンが当たる時点で分かる通り、
普通の持ち方してませんので、私だけの可能性があります。
前のWacomの板タブのペンは平気で一度も痛くなったことありません。

いつも板タブに描いていたので、
平行だったから痛くなかったのかもしれません。

描画範囲がデカイのは描きやすい!



j216.jpg

「でかいってこんなに描きやすいんだ!」と思います。

いつもは、ちょいちょい 。
これからは、さっ です。

PD1560の10個のショートカットキーに何を入れるか?



PD1560の10個のショートカットキーに何を入れるかは重要な問題です。

j220.jpg

ショートカットキーの真ん中の2つに
「ブラシを小さく」
「ブラシを大きく」
が入っていて、それを削るために、
「ブラシサイズ」を追加しました。

現在の設定
コピー (Control+C)◀PC作業用
コピペ (Control+V)◀PC作業用
検索 (Control+F)◀PC作業用
セーブ (Control+S)◀PC作業用&絵の保存
(▲コンセントを抜いていても使えます!
使えないときはまたコンセントさしてぬいたら使えます。
余力の電力でしょうか)

拡大・縮小 (Control+Space)◀絵の見え方を大きくしたり小さくしたり描きやすくします。
コントロール (Control)◀消したいレイヤーの表示(目のマーク)を消したり、
レイヤーの選択範囲を作ったり、拡大収縮回転を自由変形にします。

手のひら (Space)◀描きやすい位置に画面を移動します。
反転 (S)◀顔のバランスが崩れていないか確認します。
(レイヤー選択) (Controll+Shift) ◀そのレイヤーにジャンプします。
一つ戻る (Control+Z) ◀一つ前の動作を取り消します。

まだ、使い始めたばかりなので
どんどん変えていくと思いますが一旦こんな感じに。

最大のストレス!キーボードが使えないッ!!



CLIP STUDIO PAINTのショートカットをいろいろなキーに割り当てていたんですが、
キーボードの前にPD1560があるため、キーボードを気軽に押せません!

「配置は未来の自分よ考えてくれ……お前ならできる。」
と見切り発車で買ったあの時の自分のせいでPD1560に一切の非はありません。


これは、最大のストレスでした。
しかし、CLIP STUDIO PAINTのある機能を思い出して一挙に解決しました!

クリスタの「クイックアクセス設定」機能が すんごい便利!



j222.jpg

CLIP STUDIO PAINT PROのを「クイックアクセス機能」使って
ショートカットキー登録していたものを軒並み揃えました。

p151.png

CLIP STUDIO PAINTの「ウインドウ」タブから
「クイックアクセス」を選ぶと追加されます。

j221.jpg

セパレーターを追加で見やすくなります。

これが追加されたときは
「なんや?こんなんキーボードに
ショートカットキー設定したらええやん。
描く所せまくなるやん!」と思いましたが

PD1560液タブ導入で描く所が大きくなった今となっては
「ああ、神よ!クリスタ神よ……!!」
私はこの神に救われました。

j239.jpg

あと、いつかのアップデートで追加された、
メッシュ変形などの後の「○確定 ✕キャンセル」が邪魔だなって思ってたんですが、
液タブだとエンターキーを押さなくていいので、めっちゃ便利!

PD1560のショートカットキーでコントロール(Ctrl)だけの登録



CLIP STUDIO PAINTはコントロールを押しながら
線をクリックすると、そのレイヤーに飛んで
今のレイヤーに戻ってくれる便利機能や

コントロールを押しながらレイヤーをクリックすると
そのレイヤーの選択範囲を作ってくれたり、
(❤型を描いたなら❤型に選択範囲を作ってくれる。)

拡大 縮小 回転の時に、押しながら□を移動することで
自由変形のように変形することができます。

なのでコントロールだけを登録しました。

スッと出来ないことがあるかもしれないので、
ここにやり方を書いておきます。

j242.jpg

まず、すべてのチェックを外し「文字列キー」に●印を入れます。
確認を押して「未定義」にします。

j241.jpg

それから Ctrlにチェックを入れて「確認」して「適用」です。
「確認」で終わります。

j251.jpg

線で選択して戻らない場合
レイヤー選択は、(Controll+Shift)です。

PD1560のペンは効くけどショートカットキーが認識せず反応しない



一度、一応ペンが効くけど、ショートカットキーが効かなくなったことがありました。
操作を司るのはUSBの方なので、抜いてまた差し込んだらすぐ直りました。

PD1560のペンが反応しない(筆圧が反応しない)



ペンが反応しないときも、一度USBの方を抜いて差し込むと使えるようになります。
それでも反応しない時は、CLIP STUDIO PAINTなどの描画アプリを一度終了してから
再度、立ち上げてください。

液タブを使うことによっての絵の実力の変化



しません。

液タブで描いたからって、
私の絵は私の絵のままでした(笑)

ただ、時間には影響するかもしれません。

PCで全体を映し液タブで細部を描ける!2画面あることの実用性に感動



PCで絵を引き気味に映して、
バランスをチェックしながら
液タブに細部を映して描けることの実用性に感動しました。

いちいち、グィングィン引いたり拡大したりしなくていいんです!!

ペンが痛い!救世主「リング型指サック 指先美人S/M」


ラバー感のある「指サック」を買ってみることにしました!

j235.jpg

キラキラしてるカワイイのが140円で売ってました!
SサイズとMサイズの方を購入しました。

j236.jpg

案の定、Sサイズがピッタリでした!



▲Amazonにもありましたが、ちょいとお高め。
自分で調べたい場合は▶ 指サック

文房具などが売っているディスカウントストアなどにあるかもしれません。

j237.jpg

二重にしてみました。
キラキラしてカワイイ。

実際に使ってみると、痛くなりませんでした!

ここまで、GAOMON 液晶ペンタブ PD1560 購入レビューに
お付き合いいただきありがとうございました。
少しでも、あなたの疑問がとけたり時間の節約になったら幸いです。

使用ペイントソフト:CLIP STUDIO PAINT PRO

次回予告!


GAOMON 液晶ペンタブ PD1560 購入レビュー!
次回▶ 色塗りはじめて気付いた編

クリスタ絵のメイキング一覧!
CLIPSTUDIOPAINT厚塗りメイキング記事

関連記事